家づくりの際に注意しなければならない予算オーバー

家づくりの契約を建築会社と行う際には、本設計と本見積もりを作成してもらうかと思います。これらを契約後に変更してしまうと、予算オーバーにつながることになります。予算オーバーを防ぐために、付帯工事費や諸費用の見積もりの書類ももらうようにして下さい。そして建築会社は口頭でも詳しく説明を行ってくれます。このお話もしっかりと聞くようにして、内容と金額は厳密にチェックするようにして下さい。もちろん予算オーバーしてしまうそうならば、、グレードを落とすことも必要になってしまいます。

私が家づくりを行った時も、予算オーバーのことには特に神経を使いました。なぜかというと本当にギリギリのお金で家づくりを行う予定であったからです。つまり予算オーバーなどしていたら、どうにもならない状態であったのです。この経験を通じて、家づくりと予算の関係性は本当に重要であるということを、身をもって体感したのでした。けれどもそのように家づくりについて色々と考えることも楽しいなあと思いました。