新築した家が快適で全く不満がなかった話

自分の家は過去に新築しているのでその時の深い記憶があります。新築では家族が多くのお金と時間をかけて理想の家になるようにしました。またそういった新しい環境を得た時は常に嬉しい感情になりました。
私は新築した家を見て深く感動したので日本の高度な技術を体感しました。例えば子供の頃に小さい家に住んでいるといきなりその環境が変わることに驚きます。実際に自分は以前より家が大きくなっているのを見て強烈な印象を覚えました。
新築した家は当然のように快適で気分が落ち着くものでした。昔から家を新しくするために家族は他の場所で過ごすこともあるのが現状です。そういった体験をしているからこそ新築した家が魅力的に感じるのです。
私は新しい家の機能を体験して全てが高性能だと思いました。現代の家はこれよりも更に優れていると思いますが、以前に新築した家は当時の最高の技術を使っていたのです。だから全く不安を覚える要素がなくて心から安心できたのです。
新築した家にはそういった環境の変化に対する驚きや発見が多くありました。