断熱リフォームの料金と自治体による負担

私がリフォームをしたいと真剣に思ったのは、なんといっても電気代が馬鹿にならないと思ったからです。

冬は暖房、夏は冷房と、その電気代はかかってしまうと諦めていました。

しかし、このままでは到底涼しい自宅は期待することができないのです。

ますます年をとっていくことも思うと、今のうちにリフォームをすることが、一番だと思うようになったのです。

そしてそのリフォームというのが断熱リフォームをすることです。

ちょうどとなりの家が、そのリフォームをして電気代をかなり節約することができたと聞くことができたので、ちょうど良いきっかけになったと思い、リフォームをすることにしました。

業者にお仕事を任せるとなると、とかく料金は気になるものです。

断熱リフォームもその1つで、ある程度まとまったお金がかかる傾向があります。

わが家も子どもの教育費などの出費が多くなるべく費用を抑えてリフォームをしたかったのです。

どれ位の料金がかかるかは面積次第ですが、数十万円以上かかるケースも珍しくありません。特に倉庫業などでは、それだけ多くのお金がかかる事も多々あります。

ところでまとまったお金が必要な時には、ちょっと自治体にも相談してみると良いでしょう。というのも上記のようなリフォームの場合は、自治体が一部を負担してくれる事もあるのですね。

例えば工事の金額が、50万だったとしましょう。それで自治体の負担分が20%になっている時には、10万円ほど負担される事になるのです。その金額は大きいですね。ちなみに20%というのは、あくまでも仮想の数字なのですが。

なお自治体によっては、それが先着順になっている事もあります。余りのんびりしているとリフォーム料金が負担されなくなる可能性もあるので、できるだけ早めに自治体に申請すると良いでしょう。

わが家も自治体から無事に費用を負担してもらうことが出来無事に理想とする断熱リフォームをすることが出来ました。
すると、なんと以前のようにまず暖房を使うことがなくなったのです。自宅が暖かいので、全く必要がないのです。
暖房を使わないととても電気代が安くなるのです。また、家中が温かいのでひとつの部屋にとどまることもなくなり、外が寒い日でも動きも活発になりました。

また、部屋を開けない限り、その断熱は効果があるので、冬は暖かく、夏は涼しく、冷房もつけずに過ごす時があるのです。

そのため、電気代を約半分に減らすことができました。

<特別サポート>英語上達の秘訣|アダルトアフィリエイト|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|超SEO対策|内職 アルバイト|JALカード|家計見直しクラブ|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|ページランク ランキング|健康マニアによる無病ライフ|お小遣いNET|